スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

絵について

どうも
アニメ化を機に前々からずっと気になっていた「夢喰いメリー」のコミックをついに買っちゃいました
キャラかわいいね!話も面白いし。
いつか作ってみたいなー
ジョン大好きです




さて、全然話変わりますが
先日コメント欄にて「フィギュアの原型を作る上で絵は描けた方がいいのか」という質問がありました。

わりとよくされる質問ですねw
自分も何度か同じ質問をされたことがありますが…
これは人それぞれで考え方も違うと思うので、あくまで一個人の意見というふうにとらえていただければ。

で、いきなりですが、自分としては原型を作る上では別に絵を描けなくてもいいと思ってます。

フィギュアを作る上でなんで絵を描くのかって考えると
自分の頭の中にある、作りたいフィギュアのポーズなんかのイメージを描きとめて
製作中にイメージがブレないようにするためだと思うのです。
まぁメモみたいなかんじで。 

かくいう俺もなんか作るときはさらさらっと形なりアイデアなりを紙に描き殴ったりしてます。

ちなみに今回の雛の場合はこんな感じでした

IMG_7890.jpg

まじ描き殴ってます。
等身とか服の装飾とか…自分にだけ分かればそれでいいので(´ω`)


で、俺はこんなメモ程度の絵を描いてはいますが、このイメージを頭の中にしっかり持てている人・メモがなくても製作を進められる人は絵なんて描く必要ないんじゃないでしょうか。
というより、絵が描けない人は製作上のポイントを文にして箇条書きすればいいだけのことですしね。

あーでも、オリジナルキャラの場合は…ちょっとは絵も描いておいた方がいいかもしれませんねw
頭の中だけで考えるのは難しそうなので(´∀`;)




フィギュアって大体が「2次元のものを3次元に作り起こす」っていう作業だとおもうんですが
このときって絵を描く力じゃなくて絵を見る力の方が大事な気がします
元絵や写真を見ながら、この絵を別の方向から見たときにはどういう形、面構成をしてるのか…とか。

こっちの力がないと絵を描いても立体にできないですからね

個人的にはもっとこっちの力を身につけたいなと思う今日この頃でございます(´・ω・`)









いや、絵も大して描けるわけでもないけど…ッ





スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(14)

コメント

平面図をどれだけ立体視できるかですよね。

やり始めた当初は一生懸命三面図を書いてましたが、機械物ならともかく人体ではそこまで必要無いなとラフだけになりましたよ

まだ一個も完成してないけどね!!(;ω;`)ウッ

2011年|01月|21日|01:00 |from 裄揶| URL

それでも書けるに越したことはないと思うの。

とりあえず自分には絵を描く技術が無いので少しは書けるようになっておきたい今日この頃。

2011年|01月|21日|20:35 |from dmc-sparda| URL 【編集】

この最近絵を描くことが増えた自分ですが
実際絵を描いていると立体としてとらえる能力が
養われてきていると自分で感じているので
もとよりその能力にかけてる人にはいい訓練かもしれませんよね

特に私とかそんな感じでした(体験上)
あと自分の絵を立体化するのって、なんか夢ありませんか?
個人的にそういうの好きなんですが
長文すいませぬ

2011年|01月|23日|00:16 |from ハクラヴュン| URL

つまり平面で考えるよりは立体のイメージが出来た方がいいということですか・・・

イメージトレーニングが大事ってことでしょうか

そしてオレにはこれが殴り描きに見えない訳なんですが・・・

2011年|01月|23日|01:24 |from ハト| URL

わざわざ記事にまでしていただいてすみません…
参考にさせていただきます。
今はまだついぴくに進行状況をうpってるだけですが、ひと段落したらfgにもうpしてみようと思います

2011年|01月|27日|00:34 |from Dingo| URL 【編集】

確かに平面を立体的に捉える力が大事ですよね
私の場合、完成イメージ図は描きますが、それを参考に作るというよりはモチベーションアップの為のようなものになってますw
複雑な形になればなるほど詳細のメモは必要なのかなぁと思いつつ複雑なものにはまだまだ挑戦しようとしない私がいます

2011年|01月|29日|09:59 |from Annie| URL 【編集】

やっぱり絵がかけるってのは
人体構造が頭の中に入ってて
それが自然に表現できるって事だと思うんです。

ガンツのおまけで作者の方がフィギュア作ってらしたんですが
一作目、二作目でこれかよ!
って感じでした。
さすが絵のプロですね

三次元に絵を起こすときも
ここはこう膨らむはずだって判ったほうがやりやすいですよね・・・。

だから絵が描けるより人体構造が理解できてるほうが
強みになるんじゃないでしょうか?

まあ理解できてる人はまず絵がうまいですけどね・・・(涙)。
アリヌさん然り。

2011年|01月|30日|14:27 |from さとうとしお| URL 【編集】

Re: 裄揶さん

そうなんですよねぇ…
なかなか想像しながらってのは難しいのです

たしかに人体は基本的な構造をつかめたら三面図は必要ないかもですね(`・ω・)
まぁ構造を理解するまでが長い道のりなんですがね!!(;ω;`)ウッ

2011年|02月|15日|22:42 |from アリヌ| URL

Re:dmc-spardaさん

まぁねw
絵はそれ単体でも楽しめるし…
ラクガキは楽しいんだけどなーw

2011年|02月|15日|22:45 |from アリヌ| URL

Re:ハクラヴュンさん

もともと絵を描いていた方はフィギュアを作ってもかなりうまいっていう話も結構耳にしますしねぇ…。
絵を描く時の考え方ってのはフィギュアを作るときにも少なからず役に立ってるようですね。

たしかに!
自分の絵を立体化できるのっていいですよねぇ
フィギュア作家って響きは憧れます。

2011年|02月|15日|23:01 |from アリヌ| URL

Re:ハトさん

そうですね
なんかかわいい絵とかごちゃごちゃしたイラストとか見るとここって立体になった時にどうなるんだろう…
とかついつい勝手に考えちゃったりしますねw
良い言い方をすればこれもトレーニングかな?

2011年|02月|15日|23:33 |from アリヌ| URL

Re:Dingoさん

いえいえ(´∀`*)
あくまで個人的な意見ですが。

そうですか!
fg進出楽しみにしてます!

2011年|02月|15日|23:40 |from アリヌ| URL

Re:Annieさん

モチベアップの意味も少なからずあるかも知れませんねぇ
たしかにややこしい立体物になるとそれだけ情報を把握するためにイラストやメモは必要ですね。
しかし最近はなんだか作りながらその場その場でどういう構成にするか考えながら作っていくパターンが多くなってるので
ラフ画の意味がなくなってる気がします…w

2011年|02月|16日|00:29 |from アリヌ| URL

Re:さとうとしおさん

最低限の人体の決まりさえ理解していればある程度は描けると思います。
細部まではなかなか把握しきれませんが…それでも大体のバランスを覚えておけばフィギュアを作るときにもとても役立ちますしね。

でも服や装飾はその都度考えないとわからない部分が多いですから…
そういう部分で絵を立体的にとらえる力は必要になってくるんじゃないでしょうかね。

自分もまだまだ先は長そうです…w

2011年|02月|16日|00:51 |from アリヌ| URL

非公開コメント

トラックバック

http://arinu.blog10.fc2.com/tb.php/115-a7412161

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。